2010年03月09日

お肉料理

今回は予告していた通りお肉料理と今週のパスタレストラン

基本的にランチはピッツァかパスタを注文されるお客様が多いのですが、
先週から少しお肉料理やお魚料理を注文される方が増えてきました。

実は先週のランチから少しこったお肉料理を作っています。
なので、それがお客様に伝わったのであれば嬉しい限りでするんるん

先週は

大和ポークと色々きのこのラグー・モツァレラチーズのクレピネット包み焼き
フレッシュトマトのカプチーノとバジルのソース

でした。

予想以上に出たのでかなり気を良くして、次のお肉料理も頑張るぞ!!
ってな感じでわーい(嬉しい顔)

今週は

じっくり煮込んだ大和ポークのばら肉を春キャベツで包んだオーブン焼き
プッタネスカソースと春キャベツのピューレも添えて

です!!

まず、豚ばら肉を白ワインヴィネガーとトマトホールでゆっくり煮込み取り出す。
春キャベツは丸ごと圧力鍋で蒸す。
実はロールキャベツみたいな感じになるんですが、春キャベツの甘みをそのまま伝えたくて、
豚ばらと一緒には煮込まなかったんですよ。
ほんま、何も調味料使わなくても、めっちゃ甘いですよ。
それに酸味のある豚ばら肉を包んでっていう、何かいい感じなんですねグッド(上向き矢印)
なかなか、字では説明しきれないので食べに来てください!!

パスタは

筍と鶏ミンチのラグー アーリオ・オーリオ オレンジと木の芽の香り リングイーネ

自家製パンチェッタとスナップエンドウのポモドーロ スパゲッティー
緑のピューレを添えて

かなり、春っぽいラインナップになってます。

是非、今週のランチもお楽しみ下さい手(パー)

あ・・・ピッツァの事書くの忘れた・・・

次回は当店の代名詞 ナポリピッツァの事をいっぱい書きますわーい(嬉しい顔)
お楽しみに手(チョキ)






posted by 奈良の食材や自然派ワインにこだわる「TRATTORIA piano(トラットリアピアノ)」 at 00:03| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のランチメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

なかなか・・・

ほんと・・・中々まめに書くのってできないもうやだ〜(悲しい顔)

しかしexclamation×2

ちゃんと書かなければ・・・

と、言う事で。

今回は〔ラ・クッチーナ ピアノ〕のランチを紹介したいと思いますひらめき

ピアノコース 1680yen

奈良産のお野菜をこれでもかと使いまくってるアンティパストが食べ放題!!

主婦に人気なのが、大根のバルサミコ煮込みや長芋のペペロンチーノ、それに春キャベツとサーモンコンフィーのクリーム煮exclamation

その後に週替わりの

パスタかピッツァ・お魚料理・お肉料理のいずれか1つをチョイス

そして、

ドリンクバーとプチドルチェ

これだけ食べれて1680yenとはあせあせ(飛び散る汗)

安いと思いませんかがく〜(落胆した顔)

これは、一度試す価値ありますよexclamation×2

では、今週のパスタのラインナップを

1・大和ポークのサルシッチャとちぢみ小松菜のアーリオ・オーリオ スパゲッティー 
                       新ごぼうのフリットのせ

自家製のサルシッチャを軽く炒め、小松菜は茎の部分はピューレにし葉の部分は具材で使い、最後に新ごぼうのスライスをフリットにしてトッピングしてあります。
春を感じる一品です!!

2・土佐清水直送白身魚と帆立のラグー イカ墨のソースでレモンの香り

直送されてくるお魚と帆立をあさり出汁でラグーにしイカ墨のソースと絡め最後にレモンの皮を振りかけてあります。

3・えんどう豆の白ワインクリームニョッキ パルマ産生ハムを添えて

えんどう豆は軽く煮込んだ後ピューレにし白ワインベースのクリームソースに加えます。
仕上げにフライパンで焼いたカリカリの生ハムをちりばめます。
香ばしく塩と旨味を凝縮させた生ハムがえんどう豆のピューレに絡めたニョッキとばっちりあいます。

こんな感じで毎週、お客様の美味しいの言葉を聞きたくて頑張って考えていますわーい(嬉しい顔)

一度お越し下さいexclamation×2
posted by 奈良の食材や自然派ワインにこだわる「TRATTORIA piano(トラットリアピアノ)」 at 14:20| 奈良 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 今週のランチメニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。